最近の事件

 茨城県警捜査3課と古河署の合同捜査班は13日、常習累犯窃盗罪で公判中の住所不定の無職、男性被告(49)が茨城、栃木、千葉、埼玉の関東4県で2カ月弱の間に49件の窃盗事件に関与していたことを突き止め、一連の捜査を終結したと発表した。被害総額は現金約342万円と、財布や腕時計など約308万円相当に上る。

  県警は、夜の闇に紛れて手際よく盗む男性被告を「暗闇のピンクパンサー」と名付けて捜査していた。男性被告は調べに対し「風俗店で遊ぶカネ欲しさに盗みを繰り返した」と供述しているという。

  同課によると、男性被告は6月下旬から8月中旬までの間、無施錠の玄関や勝手口などを探して侵入する手口で盗みを繰り返した。被害にあったのは全て一軒家で、時間帯は午前1時から同3時ごろに集中していた。多い日には一晩で4、5件の犯行に及んでいた。

  県警は「就寝時には玄関や勝手口などを必ず施錠してほしい」と呼びかけている。

 13日午前8時50分頃、北九州市八幡西区の福岡県立東筑高の野球部室から出火、室内にあったバットなどの野球用具が焼けた。

  けが人はいなかったが、生徒がグラウンドに一時避難する騒ぎになった。

  県警折尾署の発表などによると、爆発したような音に気付いた男性教諭が部室の鍵を開けたところ、煙が充満していた。消防車17台が出動し、約10分後に鎮火。室内にあったスパイク、バット、ボール、滑り止め用のスプレー缶が燃えた跡があった。野球部室は、グラウンド整備のために登校した部員が午前6時半頃から約30分間使用したが、出火当時は無人だった。

 13日午前10時40分ごろ、大阪府泉大津市要池住宅の府営「要池住宅」6号棟の12階付近から出火した。約1時間半後に鎮火したが、泉大津署によると、住民の女性(75)が病院に運ばれた。泉大津市消防本部によると、女性は煙を吸ってのどにやけどをし重傷。このほか4人も軽いけがをした可能性がある。

 13日午前5時前、新潟県三条市長野の無職男性(89)方が燃えていると、近所の住民から119番通報があった。県警三条署によると、木造2階建て住宅と棟続きの作業小屋が全焼し、この家に住む男性と妻(90)と連絡が取れないという。

  署によると、男性方は男性夫婦と60代の長男夫婦の4人暮らし。長男の妻は2階から飛び降りて避難する際に腰を打つけがなどをした。長男は出火当時、すでに仕事で外出していたという。

 兵庫県警垂水署は12日、自転車を盗んだとして窃盗の疑いで神戸市西区の会社員の男(37)を逮捕した。「仕事や生活でストレスがたまり、風を切って走り回って悪いことをしている気分を味わいたかった」と供述しているという。

  同署によると、自転車はいわゆる日常生活用の「ママチャリ」で、盗難届の出ていた自転車に乗ろうとした男に同署員が職務質問して発覚した。

  逮捕容疑は11月21日、同市垂水区の女性(47)方の自転車1台(5千円相当)を盗んだ疑い。

 北九州市指定の家庭ごみ用のごみ袋8800セットを盗んだとして、小倉北署は12日、窃盗容疑で、同市小倉北区熊谷の会社員男性容疑者(33)を逮捕し、発表した。「換金目的でやった」と容疑を認めているという。

  発表によれば、男性容疑者は8月16日~11月9日、数十回にわたり、同市戸畑区の物流会社社長(61)がごみ袋を保管していた同市内の物流センターから、家庭ごみ用のごみ袋の大袋(45リットル)と中袋(30リットル)の8800セットを盗んだ疑いがある。

  男性容疑者は10月まで、保管場所の物流センターに勤めていた。ごみ袋の一部をリサイクルショップで換金していたという。

 12日午後1時20分ごろ、富士市五貫島のプラスチック製造業者の工場から出火し、鉄骨2階建ての同工場などを焼いた。市消防本部の消防車など14台が出動して消火に当たった。

  富士署によると、工場内には出火当時、従業員6人が作業していたが、いずれも逃げ出して無事だった。同工場では建物からはがした壁紙を回収して粉砕し、プラスチックと紙類に分別してリサイクルする作業を行っていたという。同署が出火原因を調べている。

 12日午前2時半頃、滋賀県長浜市東上坂町の車両置き場から出火、木造平屋建物約75平方メートルが全焼し、乗用車8台が焼けた。けが人はなかった。
  長浜署によると、出火当時は無人で、出火原因を調べている。

 兵庫県警加古川署は11日、窃盗の疑いで土木作業員の男(28)を逮捕した。

 逮捕容疑は10日午後1時前、同市加古川町の釣具店駐輪場で、男子中学生(14)が止めていた自転車の前かごから、釣りざおなど釣り具7点(約3万円相当)を盗んだ疑い。容疑を認めているという。

  同署によると、盗まれた釣り具は生徒が店に入った際に置いていた。生徒は被害に気付き、中古釣具店など周辺の店に友人と手分けして被害を伝えたという。約1時間後、男が中古釣具店へ、下取りに出そうとし、店員が気付いて通報した。

 11日午前6時55分ごろ、仙台市青葉区川内の仙台城跡の立ち木から出火、高さ約6メートルのもみの木の幹が一部焼けた。仙台中央署によると、現場は伊達政宗騎馬像の南側約30メートル。根元から高さ約3メートルの幹に開いた穴から出火したとみられる。同署は不審火の可能性もあるとみている。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11