最近の事件

 マンションの高層階を狙って室内に侵入する窃盗を繰り返したとして、大阪府警捜査3課は16日、住居侵入や窃盗などの疑いで、大阪府東大阪市に住む無職の男(59)を逮捕・送検し、11件の被害(総額約46万円相当)を裏付けて捜査を終えたと発表した。

  同課によると、男は捜査員の間で「クモ男」と呼ばれており、滑り止めがついた手袋をはめて、ベランダの手すりや雨どいを足場にして上階によじ登っていた。

  男は元大工で「5階以上の部屋のベランダは無施錠が多いので狙った。恐怖心はなかった」と供述。9~11階建てマンションの7~11階の部屋が被害に遭っていたという。

  送検容疑は3月下旬、大阪市西成区長橋の10階建てマンションの7階と9階の一室に無施錠のベランダから侵入して現金計約8万円を盗むなど、3月~5月下旬、大阪市や東大阪市で同様の手口を繰り返したとしている。

 15日午前10時50分ごろ、大阪市平野区喜連東の民家で「火事です。家から火が出ています」と近所の女性から119番があった。大阪府警平野署や消防によると、3階建て住宅の1階の一部を焼き、住人の80代男性がやけどを負うなどして病院に搬送された。命に別条はないという。同署は詳しい出火原因を調べる。

  同署によると、男性は妻と2人暮らし。出火当時、妻は外出していて無事だった。

 スーパーで食料品を万引したとして、兵庫県警尼崎南署は14日、窃盗の疑いで、尼崎市の無職の男(35)を現行犯逮捕した。同署の調べに容疑を認め、「腹がへっていたが、母からもらった小遣いをパチンコですってしまったので盗んだ」などと供述しているという。

 逮捕容疑は、14日午後8時20分ごろ、尼崎市内のスーパーで、牛のバラ肉や豚ロースの切り落とし、ご飯のパックなど7点(販売価格計2083円)を盗んだ疑い。

  同署によると、男が手提げかばんに商品を入れるのを店長が確認。レジを通らずに店を出たところで声を掛けたという。

 県警捜査3課などは14日、窃盗の疑いで、さいたま市岩槻区の無職、男性容疑者(45)=別の同容疑で逮捕=ら男3人を再逮捕した。男性容疑者は容疑を認めているが、他の男2人は否認している。

  再逮捕容疑は7月19~22日、川越市神明町の月極駐車場に止めてあるワゴン車から電動工具など33点(計約18万円相当)を盗んだとしている。

  3人は7月にも、6月24~25日に同市寺尾の駐車場でワゴン車から電動工具など12点(計約39万円相当)を盗んだとして、窃盗容疑で逮捕されていた。

  同課によると、4~7月、県内で同様の被害が数十件発生。男性容疑者は「5年くらい前から(県内外で仲間の男1人と)300~500件くらいやった」と供述しており、同課は関連を調べている。

 「うそであってほしい」。宮城県栗原市若柳川北の住宅が全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった14日の火災。この家に住む無職男性(78)と妻(71)の行方が分かっておらず、家族らは悲痛な面持ちで現場にたたずんだ。 

 「昨日までは普段通りだったのに...」。お盆休みで帰省し13日夜まで男性夫妻と会っていた長女(46)と次女(44)は、涙を拭いながら焼け跡を見つめた。 

 男性は数年前に脳梗塞が原因で脚が不自由となり、最近では認知症を併発。介護施設への入所を勧めたが、元看護師の妻が「私が見守る」と生活の介助をしていたという。

 若柳署によると、2人の遺体は住宅の中心部にあり、それほど離れていなかった。長女は「たばこを手放せない父親だった。火元かもしれない。母親は最後まで付き添ったのだろう。2人を思うとつらい」と目頭を押さえた。

 119番した近くの男性(67)は「最初は白煙だったが、あっという間に火の手が上がった。助けようにも助けられなかった」と肩を落とした。

 14日午後11時ごろ、東京都新宿区歌舞伎町のマンションから出火し、鉄筋コンクリート造り5階建てのうち、4階の一室約30平方メートルが燃えた。

  東京消防庁が消防車など約20台を出して消火に当たった。

  同庁によると、出火した部屋の隣室から男性1人を救助した。煙を吸い喉の痛みを訴えているが、命に別条はないもよう。他に逃げ遅れた人はいないという。

 13日午後10時50分ごろ、石巻市前谷地のアルバイト、男性(72)方で、40代の長男から、「家が燃えている」と119番通報があった。石巻署によると、木造2階建て住宅が全焼、男性と60代の妻、30代の次女がのどの痛みなどを訴え病院に搬送された。命に別条はないという。

 就寝後、火災報知機がなったため、2階にいた長男が1階に降りると、男性が仏間に消火器を噴射していたという。

 12日午前11時ごろ、鳥取市立川町の会社員、男性(50)方から煙が出ていると、近所の住民から119番があった。木造2階建て住宅約75平方メートルを全焼して1時間15分後に鎮火し、2階の焼け跡から女性の焼死体が見つかった。男性の長女(9)と連絡が取れず、鳥取県警鳥取署は、遺体は長女とみて調べている。

  同署によると、男性は5人暮らし。出火当時、長男(21)と長女が家におり、長男も全身にやけどを負い、病院に搬送された。出火原因を調べている。

 11日午前0時25分ごろ、埼玉県草加市八幡町、男性(81)方の車庫(鉄骨2階)内に止めてあった軽乗用車1台が全焼した。けが人はいなかった。

  草加署によると、車は車庫の1階部分に止めてあった。周囲に火元となるものはなかったという。近くに住む男性(29)が「車が燃えている」と119番。

  同署で不審火の可能性も視野に捜査している。

 11日午前9時20分ごろ、神戸市垂水区上高丸のUR上高丸団地(5階建て)8号棟の3階の一室から出火。約10平方メートルを焼いて約30分後に消し止められた。焼け跡から男性1人の遺体が見つかった。

  兵庫県警垂水署などによると、この部屋には50代の男性が一人で暮らしているが連絡が取れないという。同署は、遺体はこの男性とみて、身元の確認を急ぐとともに出火原因を調べている。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31