最近の事件

 工具店からエアコンプレッサーを盗んだとして、神奈川県警宮前署は17日、窃盗容疑で川崎市宮前区平の建設業、男性容疑者(59)を逮捕した。容疑を認めている。

  逮捕容疑は2日午後1時40分ごろ、同区有馬の中古工具販売店の店外に置いてあったエアコンプレッサー1台(時価約4万円相当)を盗んだとしている。

  同署によると、中古の電動ドリルなどを取り扱う同店では、客が商品の動作確認を行えるよう、動力源として圧縮空気を生み出すエアコンプレッサーを店外に置いていた。男性容疑者は「盗んだことは間違いない。仕事で使おうと思った」などと供述しているという。

  防犯カメラにエアコンプレッサーを運び出す一部始終が写っていたことから男性容疑者が浮上した。

 埼玉県警捜査3課は17日、住居侵入と窃盗(空き巣)の疑いで、同県幸手市緑台の無職、男性容疑者(46)を逮捕、さいたま地検越谷支部に送致したと発表した。逮捕は16日。「生活費のためだった」と容疑を認めている。犯行時は常につなぎ姿だったことから、捜査員の間で「つなぎのイトウ」と呼ばれていた。

  逮捕容疑は、昨年12月14日午前10時半~翌15日午前1時ごろまで、幸手市内の民家に侵入し、デジタルカメラ1台やレンズなど(時価計7800円相当)を盗んだとしている。民家の1階台所の窓に石を投げて侵入する手口で、常に茶色のつなぎに、帽子とマスク姿だった。 

  同県警によると、男性容疑者は約2年前から同様の犯行を同市内で約30件繰り返したと供述しており、県警は裏付けを急いでいる。

 北海道砂川市内の2軒の農家で7月下旬~8月上旬、収穫前のミニトマト計約140キロ(時価約11万6000円相当)が相次いで盗まれた。砂川署は、複数犯による窃盗事件とみて調べている。

  同署幹部によると、同市焼山の農家では7月28日~8月4日、ビニールハウス2棟から計約40キロが盗まれた。そこから数百メートル離れた同市北吉野町の農家では今月8~9日、ビニールハウス2棟から計約100キロが盗まれ、2軒の農家は9日、同署に被害届を提出した。

  同市の新砂川農協によると、今年のミニトマトは6月の低温や長雨の影響などで、例年より2~3割ほど価格が高騰しているという。

 17日午前0時45分ごろ、奈良市千代ケ丘の会社員、男性(45)方から出火。木造モルタル2階建て住宅の2階部分約50平方メートルを焼失し、焼け跡から男児の遺体が見つかった。奈良県警奈良西署は遺体が小学1年の次男(7)とみて、身元の確認を急いでいる。

  同署などによると、男性は妻(44)と長男(12)、次男の4人暮らし。当時男性と妻は2階の寝室で就寝し、長男は1階でテレビを見ていた。火災に気付いた男性が119番し、男性ら3人は自力で外に避難。いずれも背中や腕などにやけどをして病院に搬送されたが、命に別条はないという。火元は2階とみられ、遺体は2階の子供部屋で見つかった。同署が詳しい出火原因を調べている。

 千葉県警館山署は16日、建造物侵入と窃盗の疑いで富津市、自称会社員の男(51)を逮捕した。

  逮捕容疑は2月11日午前9時~12日午後3時10分ごろ、南房総市市部の市部青年館兼天満神社社務所に侵入し、缶ビール18本と棒アイス1本(計3620円相当)を盗んだ疑い。

  同署によると、同署員がパトロール中に建物の窓ガラスが割れているのを見つけ、現場の証拠などから男が浮上した。

  男は「金に困り現金を盗もうとしたがなかったので、冷蔵庫のビールを自分で飲むため盗んだ」と供述している。

 名古屋工業大学のクラブハウスから現金などを盗んだとして、愛知県警千種署は16日、住所不定、無職、男性容疑者(67)を常習累犯窃盗容疑で逮捕し、発表した。8日にも、名古屋大学内の放置自転車を取ったとして占有離脱物横領容疑で男性容疑者を逮捕しており、千種署は県内外の国公立大学を狙って盗みを繰り返していたとみて調べている。

  16日の逮捕容疑は7日午前9時ごろから正午ごろにかけて、名古屋市千種区の名工大グラウンドのクラブハウスで、大学生6人の現金計約8万8500円や財布など計42点(2万4500円相当)を盗んだとしている。

  千種署によると、男性容疑者は「他にも県外の国公立大学で盗んだ」と話して容疑を認めている。千種署は国公立大学を狙った動機などを調べている。

 16日午後5時35分ごろ、二本松市、畜産業、男性(73)方から出火、木造2階建て住宅と木造平屋の牛舎計2棟を全焼した。出火当時、男性の妻(69)が家にいたが、逃げて無事だった。牛舎では肉牛と乳牛計約20頭を飼っていたが、焼け死んだとみられる。
  二本松署が原因などを調べている。男性方は2人暮らしで、男性は同市の病院に入院中。男性の妻は牛に餌やりをした後だったという。

 家電リサイクル業者の敷地に侵入し中古家電を盗んだとして、兵庫県警長田署は15日、建造物侵入と窃盗の疑いで、神戸市長田区の自営業の男(46)を逮捕した。男が仕事の依頼で業者を訪れた際、防犯カメラが記録した人物と似ていることに従業員が気付き、逮捕につながった。

  逮捕容疑は7月22日午前4時半~8時ごろ、同市長田区南駒栄町にあるリサイクル業者の敷地に侵入し、中古の炊飯器や掃除機など計14点(時価5万8千円相当)を盗んだとしている。

  同署によると、事件当時、敷地内に積まれていた家電を運び出す人物の姿を防犯カメラが記録。今月14日午後、男が「自宅の掃除を依頼したい」と業者を訪れたところ、カメラの人物と似ていることに従業員が気付き、声を掛けると盗んだことを認めたという。

  ただ、逮捕後の調べには「炊飯器をもらったことはあるが、盗んではいない」と否認しているという。

 15日午後8時5分ごろ、神奈川県横須賀市三春町の銭湯「富乃湯」の近隣住民から「隣が燃えている」と119番通報があった。けが人はなかった。横須賀市消防局が消火活動した。

  横須賀署によると、この日、銭湯は定休日で、客らはいなかった。

 女性の下着を盗んだとして、埼玉県の西入間署は14日、窃盗の疑いで、日高市原宿、会社員の男(32)を再逮捕した。「下着に興味があった。盗んだのは間違いない」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は6月22日午前8時ごろから午後4時ごろの間、坂戸市の集合住宅で、10代女性の住む1階ベランダに干してあった下着(時価1100円相当)などを盗み、7月7日午前7時半ごろから翌8日午前7時ごろの間、同市の集合住宅で、10代女性の住む1階ベランダに干してあった下着など計23点(時価2万2700円相当)を盗んだ疑い。

  男は7月20日、就寝中の女性の体を触るなどして住居侵入、強制わいせつ容疑で西入間署に逮捕された。「20回ぐらい下着を盗んだ」と供述しており、同署で余罪を調べている。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11